診療内容

当院について

初診の方へ

質で選ぶ保険外治療

お知らせ

クリニックブログ

院長ブログ

サイトマップ

予約制

011-206-8241

Director-Blog

インプラントの骨造成について②

こんにちは。

札幌市の自由診療専門の歯医者「ユアーズデンタルクリニック 」院長の湯口です。

インプラント学会OJで上位入賞した実績のある私が前回の「インプラントの骨造成について①」の続きについて解説いたします。

〜GBRのメリットについて〜

前回の内容をおさらいすると、

インプラント治療を行う際に、歯ぐきと骨の凹みを改善する処置を、「歯槽堤増大術リッジオギュメンテーション」と言います。

歯槽堤増大のオプションとしては、GBR、ブロック骨移植、仮骨延長術などがありますが、

汎用性(はんようせい)が高いのはGBRとブロック骨移植です。

この「骨造成」の中でも遮断膜を使用して骨芽細胞を誘導して骨造成を行う術式をガイデッドボーンリジェネレーションguided bone regeneration GBRと言います。

インプラントの際にGBRを併用することによって歯ぐきの凹みが回避でき、

術後の審美性の向上や、発音などの機能性の向上、プラークや食渣が残りにくくなるなどの清掃性の向上においても有利になるため、

インプラント周囲炎など後から起こるトラブルを回避できるのです。

インプラントの最も嫌なトラブルの一つであるインプラント周囲炎についてはYoutubeの動画でも解説しています。

またインプラントは周囲の骨の高さと骨の幅が豊富にある方が

術後の骨吸収を抑えられることが分かっています。

もちろん吸収してしまった顎堤に合わせて骨造成せずにインプラントすることも可能です。

例えば骨に炎症がそこまで波及せずに大きな虫歯や歯根破折が原因で抜歯になった場合などは、

顎堤はまだ残存している場合がありますので通常のインプラント治療が可能になります。

また大きな骨吸収があってもショートインプラントの使用や、傾斜埋入などの外科的な対応や、カンチレバーや歯肉付き上部構造などの補綴的な対応が可能です。

しかし解剖学的な制約によって、インプラントが入れられない、もしくは無理に入れると合併症のリスクが高まってしまうことや、

長期的な予後を考えた際には、ショートインプラントよりも、より長さが長いインプラントを入れた方が

万が一インプラント周囲の骨が吸収してしまってもインプラントが長持ちする可能性は高まること、

また審美的な理由や清掃性の観点から、歯肉付きの上部構造やカンチレバーなどの補綴設計でも対応できないことがあることなどを考慮する必要があります。

〜骨造成の種類について〜

つまり骨造成をした方が良いのかどうかは、最終的にどのようなゴール設定をするのかで変わってくるということなんです。

ただし経験上、長年炎症を起こしているような条件が悪い歯ほどインプラントする際には骨造成が必要になることが多いです。

骨造成(GBR)は、骨欠損の状態から内側性のGBRと外側性のGBRの2種類に分けられ、

外側性GBRは、さらに水平的GBRと垂直的GBRに分けられます。

GBRの難易度では、内側性GBR、水平的GBR、垂直的GBRの順で難易度が上がります。

また手術の侵襲度もこの順番で高くなるため、術後の腫れや内出血、術野の裂開などの合併症が起こるリスクもこの順番で高まります

つまり「条件が悪い」というのはこの骨欠損の状態が大きく、外側性の骨造成が必要になる場合が多いため、

長年炎症を起こしている歯のインプラント治療は手技的に非常に難しく、かつ患者さんも大変だということをご理解ください。

そしてこの内側性か外側性かによって、骨造成のタイミングや手術の術式、使用するマテリアルなどが変わってきます。

もっと言うと歯がまだある場合にはそもそも抜歯のタイミングや抜歯の仕方も変わってきますし、

なるべく低侵襲な術式を選択するために最大限歯を活用しきった上でインプラントに置き換える術式などもあるので、

豊富な選択肢の中から最適な骨造成を選択する必要があります。

ユアーズデンタルクリニックでは骨造成の一つであるGBRを併用したインプラント治療を行うことが長期的に良好な結果に繋がると考えております。

札幌歯医者インプラント

歯根破折により歯根先端部まで骨吸収している奥歯2本(インプラント治療術前)

 

札幌歯医者インプラント

GBRによって骨造成されインプラント治療が可能になりました(インプラント治療術後)

札幌の歯医者でインプラント治療や骨造成処置をお考えの際にはユアーズデンタルクリニックにお問い合わせください。

無料相談も受け付けております。

次回「骨造成について③」に続く。

 

 


住所
〒060-0042
北海道札幌市中央区大通西1-13 ル・トロワ 6F
(大通公園・丸井今井デパート向かい)
Tel
011-206-8241 ※当院は完全予約制です
アクセス
地下鉄南北線・東西線・東豊線「大通駅」地下道直結
市電「大通西4丁目」徒歩6分
駐車場
近隣駐車場提携あり(カモンチケット)
診療カレンダー
MENU
MENU
TREATMENT
診療時間
日・祝
10:00
〜13:30
10:00
〜13:30
10:00
〜13:30
10:00
〜13:30
10:00
〜13:30
10:00
〜13:30
×
15:00
〜18:30
15:00
〜18:30
15:00
〜18:30
× 15:00
〜18:30
15:00
〜17:30
×

*祝日がある週の木曜は、半日診療いたします
休診日/木曜・日祝祭日

ご予約はこちらから